575.真面目に一生懸命やっている人が馬鹿をみない社会

今は、世の中変革期です。社会の構造が変わろうとしています。今までのモデルが変わろうとしています。社会環境の変化による年功序列崩壊と能力主義、職場での男女平等、女性の社会進出、出産・子育て制度、年金制度の変更によるシニアの進出、外国人労働者の進出、メンタル疾患の人へケア、などなどです。それに対しての制度は様々にできつつあります。それは、素晴らしいことです。ただ、現行制度との緩やかな整合性が必須です。それらの新制度、システムは、新しい人たちの権利を認める方向に当然ながらなります。しかしながら、組織、会社の目的、目標、ノルマは変わらずに進めていくために、新しい権利を認めると、それによって起きる仕事、業務のしわ寄せが、それまで真面目にルールに従っておとなしくやってきた人にきてしまいます。たとえば、産休に入る人や、時短の方が出てきても、仕事量は変わらない。新人の退職者が多いので、新人には有給休暇を最大にとらせるが、元からいるひとはそのままである。シニアは工数としてはカウントされるが、意欲、能力が低く、パフォーマンスは低い。メンタルになった人の病気療養中の欠員は補充されない、などです。それから、どこの職場にもいる、最低限の仕事しかしない人、まわりに悪影響を与える人に、上司や周囲は必要以上に気をつかいすぎていて、真面目にやっている人はほっておかれることも良くあります。

真面目に一生懸命やっている人は、おとなしくて、従順で、文句や不平を言わず、もめ事を嫌う、良い日本人の典型の人が多いので、上からうまくやってくれと言われると、自分が犠牲になって会社、組織のために頑張ります。そのうち何かよいことがあるだろうという期待もあるのですが、実際には期待は応えられることはなく、そのはしごは外されます。いま、この人たちが増えています。

では、どうしたらよいか、日本の会社、組織は、我慢、忍耐が伝統的に美徳として残っています。その前提は、そうしていたら将来、報いてくれるという暗黙の信頼関係があったからです。しかし、それはなくなったと思ったほうがよいでしょう。自分がおかしいな、公平、公正でないな、無理なことをやらされているなと思ったら、すぐに声を冷静に、事実をもとに上げることです。少しの勇気と、言ったときに少し摩擦はおきますが、それをしないとストレスが溜まってあとになって爆発します。体、心にも負担が来て病気にもなります。

会社、組織はどうしても、問題が起きているところ、大きな声を上げているところに、関心も対応も行ってしまいます。小さな、人に関する問題は、マネジャーの力量としてしまう傾向もあります。しかし真面目に一生懸命、おとなしくやっている人たち(全体の8割はそうです)が幸せを感じるような。仕組み、風土を、マネジメントをしていかないとだめなのです。

それでは、チュース!!

574.ラグビーワールドカップ、アイルランド、スコットランド戦の勝因は

今、日本はラグビーワールドカップで燃えています。強くなったとは言われていましたが、ちょっと前なら全然、歯が立たなかった格上のアイルランド、スコットランドを実力で撃破したのですから、これはもう奇跡ではありません。このラグビーブーム、4年前の2015年イングランド大会で、南ア戦、ノーサイド寸前の軌跡の逆転トライで火がつきました。結局、前回大会はその後、スコットランドに大敗して、3勝1敗ながら、勝ち点差で決勝に行けませんでしたが、ラグビーでは数少ない大番狂わせとして話題になりました。

私は、その後研修で、その時の日本ラグビーチームのミッション、バリュー、ビジョンを上げてレクチャーすることがあります。動画を見せながらのこのコーナーは、受講生の興味を引き付けます。その時のミッション:日本ラグビーの歴史を変える、バリュー:世界一過酷な練習を勝ち抜いた仲間と自分を徹底的に信じぬく、ビジョン;ワールドカップでベスト8になる、です。細かい戦略・戦術はもっとありましたが、そのミッション、ビジョン、バリューは選手たちの体に強くしみ込んでいました。しかし、スコットランドに大敗でしたので、南ア勝利はマグレと言われました。

そして、4年後の東京大会で、その強敵2ヶ国に勝利しフロックでなく、実力であることを証明しました。きょうその後のNHKスポーツニュースで、ラグビー協会副会長の清宮氏がアナウンサーから、今日の勝因をと聞かれ、自分と仲間を信じぬいたからだ言っていました。その自信はどこから来るのかと聞かれ、世界一過酷な練習をしてきた自分や仲間は、どんな相手でも簡単には負けない、勝てるという確信をしているからだと言い切っていました。普通なら、これは勝者のきれいごとと私は受け取ってしまうのですが、きょうはすごい試合を見た後もあって、とても素直にそうだなと思いました。主将のリーチマイケルも、4年前にスコットランドに負けた悔しさから、次はボコボコにすると試合前のコメント言っていました。そうは言ってもなかなかそうは行きません。

あたりまえですが、やはり勝負事、仕事もそうですが、勝つには自分を信じきること、仲間を信じきることですね。そして信じきるのは、そう思えるまで、事前の準備、練習、訓練を徹底的にやるのが前提だと思います。もちろん運も大切ですが、そこまでやりきると運もついてくるのだと思います。ラグビーメンバーは、外国人が半分くらいいますが、目標、目的のためなら、日本人も外国人も関係ないことを証明していました。ホントのダイバーシティの見事な見本ですね。次の準々決勝は、因縁の南アフリカ、また勝って欲しいです。勝てる力は十分にあります。

それでは、チュース!!

 

573.少しでも命の助かる可能性のある行動

昨日、今日の台風19号で、関東、東日本は、大きな被害が出ました。亡くなった方、ケガをされた方には、ご冥福、お見舞い申し上げます。今回の台風は、上陸する前から、数十年に一度の大きさ、強さの台風で、事前に特別大雨警報が出ました。これは、確実に大きな土砂崩れ、河川氾濫、洪水が必ず起きる雨量が予想されるときに出される危険なアラームです。最近の気象技術は格段に向上してそこまで、精度の高い予測ができるのです。テレビで気象予報課長がデータから、台風の大きさ、進路、危険の度合いを言いましたが、さらに現実に迫った自然の脅威を訴えるために、「少しでも命の助かる可能性のある行動を取って欲しい」と連呼し、NHK、はじめ民放アナウンサーも同様に言っていました。今までなら、予報データを淡々とのべた後、避難所に行け、河川には近づくな、頑丈な建物に移動しろ、2Fにいろ、山側、崖側に部屋は避けろと、具体的な指示を連絡していましたが、今回から、危険を避ける行動は、最後はあなたの自己責任ですよというメッセージをになった気がします。

日本のアナウンスは、電車でも、黄色い線に2列で並べ、押し合うな、降りた人のあとに乗れ、スマホを見ながら歩くな、などなど、細かい指図が日常です。ルール好きな、指示に従うことが好きな国民ですから別になんとも思わないのですが、今回の危機迫る台風情報で「少しでも命の助かる可能性のある行動を取って欲しい」のメッセージの投げかけは、ちょっとドキッとしました。たぶんそう思った人が多かったと思います。気象庁の深い意図はよくわかりませんが、自然災害の危機対応は最後は自己責任ということを明確にしたかったのだと私は思います。海外の観光地に行くと、岩山や、海外線、河川など危険なところには、必ず、Your own risk !! という看板が立ってます。日本だと危険なところには入らないように、ロープが張られていますが、海外は危険でもやりたければやったら、でも何かあったらあなたの責任ですよと言っているわけです。

先日、3.11の震災で、不幸にも先生の指示に従って命を落としてしまった小学校児童の親たちの、市、県の責任を相手にした損害賠償訴訟は、監督責任のある市、県の敗訴が確定しました。非常時、緊迫した中での、意思決定、指示はこれから慎重になっていくと思います。あとで、失敗したときの責任回避ができるようなメッセージが多くなってくる気がします。それだけ監督する立場の責任は重いのです。

昔、サラリーマン時代、超過剰残業を部下に強いて、パワハラを横行し、それで多くの部下を病気にした上司がいました。その上司は部下が病気になると、健康管理は自己責任だろう、俺は病気に関係ないと言って責任回避をずっとして逃げ回り、周囲も見逃していました。なんかそんな暗い時代のことを思い出しました。いまなら即、パワハラで訴えられますが、当時は普通でした。時代は良い方向に変わりました。最後は個人の自己責任という社会は健全だと思います。

それでは、チュース!!

572.もうひとつのグアム

観光とレジャー、マリンスポーツ、ショッピングのグアムの知られている顔以外にに何かないかと探して、地球の歩き方117Pにあった繁華街から離れた島の南東部のタロフォフォ川のジャングル密林地帯ラッテ渓谷の半日リバークルーズに行って来ました。先住民チャモロ遺跡の復元村落を見るのと、その近くで1972年に27年一人で暮らして発見された、横居さんの暮らした環境に興味がありました。

バスでタモン地区から50分、島の中央部を超えて南に下ると、きれいな大西洋が見える湾につきます。そこから、のディズニージャングルクルーズみたいな船で、川を上っていくのですが、とにかく熱帯ですから暑いし、蒸します。虫、蚊がぶんぶんやってきて食われます。生の熱帯ジャングルが体感できたのは大きな収穫です。普通の文明人は絶対にここでは住めない。南国に来ても、涼しいきれいな環境の中でしか無理なのです。リゾートは作られた南国環境で実際の熱帯ジャングルはそんなものではないことよくわかりました。

これはツアー会社のパックですから、40人乗りの双胴船、レプリカのチャモロ集落、チャモロの衣装を着た若い男女たぶん高校か大学生のアルバイト、ヤシの実の繊維で火おこししてくれるコメディアンみたいな現地スタッフ、細長い葉っぱで、民芸品をその場で編んでプレゼントしてくれる老夫婦、船で日本語案内をしてくれるスタッフは仕事ですから、みんあ笑顔で対応してくれます。一人75ドルで、1日2回、私の時は、30人、そのうち8割は日本人ですから、1日60人として、1日50万円くらいの売り上げにはなるでしょう。年中無休ですから、月1500万になるいいビジネスかもしれません。しかし、そのためだけにスタッフと施設を維持するのはたいへんだなとビジネスを考えてしまいました。それから、日本人が多いのは、横井さんの発見されたジャングルが近いというにもあると思います。この地域は今でこそ、パイナップルやマンゴーのプラントがありますが、当時、横井さんの頃も、主食のタロイモ、自然のフルーツだけが食べ物です。ですから横井さんは、夜近隣の農家の鶏や野菜を盗んでいたようです。生きるためです。

戦後27年も、一人で熱帯ジャングルの自分で掘った穴の中で暮らせる精神力、生命力はすごすぎます。それから兵隊レベルでも、上官の命令は絶対として投降しなかった、当時の軍隊司式指示の過酷さは恐ろしくなります。現在、横井ケーブは私有地で見ることはできませんでしたが、その環境の厳しさ、すさまじさは、よくわかりました。あたりまえですが、他の外国人は、横井さんの英語の説明に全く興味を示していませんでした。

グアム島は、サイパン同様、悲惨な戦闘の歴史があります。最後の司令官が自害した場所もありましたが、そこは避けてしまいました。それから、グアムにいた日系人の話、日本軍駐留中は、国のためとして奴隷のようにこき使われ、米軍になってからは、収容所に入れられ、出てきても日系人ということで、差別され続けた暗い過去があるようです。その人たちにとっては、戦争は長く戦後も続いたようです。戦争は軍人以外、一般人にも大きな被害が出ること改めて感じました。

それでは、チュース!!

571.一人旅のススメ in Guam

前回のブログで、頭をフル回転してる人に一人旅のススメを書きました。では私もその実践として、南の島グアムの一人旅をしています。グアムは定番のリゾートで成田から3時間半、ハワイより近くて安い、東南アジアの他のリゾートに比べると日本人向けが多くて安心、などでしょうか、安いツアーなら3泊4日で4万円くらいからあります。国内より安いです。私には初めての地で、ちょっと心躍ります。

ここは北緯13度の熱帯、常夏の島です。私の目的はプールサイドで美しい景色を見ながら、ボーっとすることですから、その目的はすぐに達成できました。本当に凝った大脳が溶けていく感じです。私の泊まったホテルは昔一流だった熱海の観光ホテルのようなところで、建物に錆が目立ち、ところどころコンクリートにはげており、掃除も十分ではなかったのですが、プールとビーチと太陽は変わっていませんし、海に入ればシュノーケルカヌーで、ビギナーには十分楽しめます。現地ホテルスタッフの対応も良かったです。

海岸、プールサイドで回りを見渡すと、日本人が半分以上でしたが、カップル、ファミリーは少なくて、女性の友達同士の2~3人のアラサー、アラフォー、それ以上の人たちが多く、中級ホテルの部屋をシェアして安く海外旅行を楽しんでいる様子でした。女性ひとりも何人かみました。いっぽう韓国人は若いファミリー中心でした。そんな周りの分析、観察をしている自分が嫌になって、せっかくのぼーっとに戻りました。半日くらいは何もしなですぐにすぎます。

グアムには、年間60万人の日本人がくるそうですから、日本人相手の、ビジネスも盛況で古いビル、ツアー案内、看板は日本語が大きく出ていますが、新しい、ギャラリーやお店では、ハングルがメインになってきており、日本語がないところもあります。空港の免税店もロッテですし、今は、韓国の勢いが大きくなっているのを実感します。LCCの便は圧倒的に韓国が多く、韓国の若い人たちを引き寄せています。

この島は、軍隊と観光だけで、成り立っていますから、古い歴史、文化は少なく、先住民のチャモロ族、スペイン、アメリカの支配、それと太平洋戦争の戦い跡くらいです、一番の観光スポット、恋人岬も古い悲恋物語を、観光地に仕立てている感じがしました。それから、ショッピングモール群は各種充実しています。ホテルからのシャトルバスも出ていて、モールの中は9割が女性で、熱気にあふれています。私はそんなところには短時間しかいられませんが。

滞在したホテルに、日本の専門学校を卒業して、そのホテルで1年働く、若い21才の元気な女性がいました。いろいろな部門を回っていて、その時はレストランにいました。世界中のホテルで働きたいという夢をもって、実際にチャレンジしている姿は、日本の元気な若い女性の象徴みたいで、エネルギーをもらいました。

中高年のリゾート一人旅は、完全アウェイな感じですが、誰にも干渉されず、豊かな自然の中でぼんやりしているのは、かなりの贅沢です。私はけっこうはまりました。帰りの空港までの女性ドライバーは、東京はお金かかるけど、なんでもある素晴らしいところ、グアムはなんもない、そこがいいところと言っていました。でも、ゴルフ、マリンスポーツは充実していて、その目的がある人は、忙しい楽しい毎日だと思います。

それでは、チュース!!

上の3枚は、ホテルのプールサイド、下の左は、そこからの夕陽、下の右は断崖絶壁120m恋人岬からのフィリッピン海

570.頭をフル回転して仕事をしている方に

このところ、頭がフル回転して疲れていることがよくあります。サラリーマンの時は、長時間勤務でしたが、いろいろと息抜きできる時間も多く、頭の疲労はそんなにはありませんでした。しかし、自営なって、研修講師、ファシリテーション、コーチング、コンサルタントの仕事で、集中して相手の話を聞いたり、考えたり、考えをまとめて発言したりしていると、頭がパンク状態になる時が良くあります。昔、親や学校の先生は、頭は疲れないと言っていましたが、あれはウソです。頭の疲労は要注意で、回りすぎると不眠になります。不眠は最近、副作用のない良い薬もたくさん出ていますから、習慣性を気にしないで服用するのも良いと思います。

私は仕事柄しょうがないことですが、同じように頭をフル回転して、頭疲れてしている人が最近多いと思います。そこで先輩のコンサルタントの方からの良いアドバイスをご紹介します。頭を使った後、考えないようにする、気を使わないようにするのは難しい、すでに高速回転に入っている大脳の動きは止められない。だから、自分ひとりの仕事と別の時間に入ること、人がいると無意識に気を使ってしまい疲れる。自分の部屋の閉じこもって好きなゲームをする。絵を描く。楽器を弾く。ギャンブルをする。とにかく、一人だけの時間を作るのが良いのだそうです。私もさっそくやってみましたが、一人の時間はいいです。時間があれば、山こもり、ガーデニング、焚火、スキー、一人旅、などもいいと思います。

頭を使ったあと、友達と飲むとか、スナックに行くのは、人がいるのでかえって疲れるそうです。一人だけでバーで飲むのは良いようです。とにかく頭のクールダウンの自分なりの方法を見つけることが大切です。私は、研修開始前や、ランチの時もできるだけ一人で、瞑想するようにしています。やはり、仕事に全力集中するには、その前、中間もも頭を休ませておかないとだめなようです。

それでは、チュース!!

 

569.出番のないベンチ

絵を見るのが好きなので、時々画廊をぶらついています。ふと目に留まった、絵の題名がそれでした。小さな野球を始めたばかりの5、6人の子供たち、背番号も二けたで10番台後半、20番台ですから、補欠でも下のほう、試合の出番のない子供たちが、無邪気にたむろしています。優しくそれを見守る親の目が、ほほえましく、ほのぼのとした絵でした。あとでググってみたら、油絵作家の有名な人で、その作品はシルクスクリーンで150枚刷ったものが、いまは絶版になっているほど人気らしいです。思わず衝動買いしそうになりましたが、216000円もするので、とどまりました。家に戻って複製作品を8500円で購入しました。事務所に飾っておきます。

この絵の、題名がなんとも私に刺さってしまいました。子供なら大きくなれば、出番もやってくるかもという期待もあります。しかしサラリーマンの世界では、出番のない仕事、職場についたら、窓際の宣告でもう終わりだよなという思いが頭にめぐりました。会社では、成果を出しても、評価されずに出番のないベンチに送られることは若くてもありますし、55で役職定年を迎えれば、全員ほぼマネジメントの世界からは引退です。そうなったら、ただ淡々と仕事をするか、後輩指導、育成に情熱をもやすか(現実には少数)、老荘思想に入って、世捨て人になり、仕事は生活の糧を得るための手段として、趣味の世界に入るかです。しかし40才台で出番のないベンチに回されたら、まだエネルギーとヤル気もあるのですから、うつうつとした毎日になります。起死回生もあるでしょうが、一度社内、上に嫌われたら、そう簡単にもいきません。あがいても無駄なことになります。よっぽど買ってくれて、自分のところに引き取ってくれる上の人がいないと無理です。もしそうなったら、出番を求めて、社外に出ることです。40才台ならまだ全然大丈夫です。自分に世の中で通用する、スキル、ノウハウ、技術を売り込んで、買ってくれる会社も見つけることです。勇気があれば起業するのもいいでしょう。

きょうの教訓、出番のないベンチにいつ回されるかはわかりません。その準備として、社内に斜め上で、自分を評価してくれる人をいつも探して、懇意にしておくこと、それから、社外でも通用するスタンダードな技術、能力を磨いておくことです。始めから世捨て人でいい人は別ですが、元気で、エネルギーのあるうちは、自分が活躍できる場所を求めて、怖がらずにどんどん外にでていきましょう。

それではチュース!!

その絵です。昼から夕方になっても、同じ風景です。副題が、全力抵抗となっているのですが、真意がよくわかりません。補欠でも楽しくやっているということなのでしょうか?子供ではそこまでは考えませんよね。