タグ別アーカイブ: 社会貢献

498.給与、休み、処遇以外のモチベーション

最近、どこの会社も若い人を中心に離職者が多発し、その原因は、給与と休みと処遇と判断、新たな補充人員のリクルートにやっきになっています。まさにいたちごっこですが転職会社は大繁盛です。確かに生活を維持するための経済的基盤、プライベートを充実させるための休日、休暇の多さ、社会的価値承認の証である、役職は大切です。その充実は必須でブラックはいけません。しかしそれだけがモチベーションでしょうか。少しきれいごとすぎますが、次のような話を実際に聞きました。

老人介護施設、病院の給食サービスの会社の仕事は過酷です、朝食は朝の3時からの出勤で人手不足は深刻です。しかしそこに携わる人たちの使命感、社会貢献意識はとても強く、震災で仮設住宅に住む従業員は家族の食事も十分でない中、施設の人に食事を確実に維持するため休まず通いつづけ深く感謝されるのだそうです。その施設で死期の迫った人に最後の食事を美味しく食べてもらうため特別に心を込めて準備するそうです。高速道路の維持、メンテの会社の人は震災で高速道路ごと崩れてしまった状態を一致団結の徹夜修復作業で3日で修復、物流、被災地援助の車両が通ることができるようになれ、被災地住民、自治体、支援者からたいへん感謝されました。このできごとは海外メディアにも取り上げられ、日本の技術力、団結力、集中力、社会貢献精神は高く評価されました。

九州の電力会社の電気工事を受け持つ会社は、台風が来ると、上陸前に会社で電気復旧のためのコンボイ軍団を結成、電気が止まった地域にいち早く救援に向かい、街の入り口で住民たちから拍手で迎えられ、電気が通ると歓声があがり、笑顔と拍手と涙で見送られるのだそうです。この会社はその時がチームとしてのモチベーションが最高に盛り上がり、しばらくチーム内はその余韻にひたり良い関係が続くそうです。そこのマネジャーは心の中で時々台風が来るのを待っているそうです。

人間モチベーションについては、たくさんの説、書物、セミナーがあり、何が本当か、まあ全部人によってはマッチしているのだと思います。ただ共通していることに、人々から感謝される仕事は、個人的物理的対価以外に、確実に人をヤル気にさせることは事実です。

医療、福祉関係、教育、消防、救急、警察などの緊急時の対応サービス、公共機関などもそうでしょう。社会的使命、社会貢献に直結しているような仕事です。もともとそういう意識が強い、人の役に立ちたいという想いの強い人たちが目指す仕事です。お金、報酬はもちろん大切ですが、人の役に立つ、感謝されるというのも大きなモチベーションになります。心からのありがとうを言ってもらえることです。私の仕事、コンサル、研修講師もうまくいって効果が出た時、行動が変わった時は「ありがとう」と言ってもらえます。まあ人の役に立つ、感謝される良い仕事だと思っています。あなたの仕事はどうですか?

それでは、チュース!!