タグ別アーカイブ: 強み

583.自分の強みは変わらないが、価値観は環境、経験で変わる

20年くらい前から、ストレングスファインダー、35の特徴の中から自分の強み5個をwebでリストアップを、3年~5年おきにしていますが、上位5個のうち4個は全く変わりません。行動力、最大化、社交性、コミュニケーション力、あとのひとつは変わります。つまり、年齢を重ねても自分の強みは変わらないようです。

先日、あるビジネス講演の中で価値観についての話がありました。自分と価値観が近い人とは相性が合うので仕事がしやすいが、合わない人とはベースになる価値観が違っていることが多いという流れでした。ある学者が15の価値観を3つに分類していました。

  • 個人的、内的価値観⇒社会性、美的創造、定常、行動、安定、自律、挑戦、研究、私的
  • 外的価値観⇒経済報酬、権力、評価
  • 内的、人・組織⇒支援、チームワーク、指導

講師の方の見解では、会社、組織のトップになるには、人・組織の価値観を持たなければ適性がないとのことでしたが、私の経験では、組織トップは経済報酬、権力、評価の価値観の人が多かったように思います。価値観、それは個人の好き嫌いですから、どれでも良いのですが、ふと思ったのは、自分の価値観も時代、年代とともに変わってきたことです。

20代、30代、40台のサラリーマン時代、組織で上を目指していた時は、行動(まずは動く)、権力(力を持たなければ大きなことはできない)、挑戦(新しいことへのチャレンジ)、評価(周囲からの)でした。しかし、会社生活を終え、雇われ社長→この時は価値観は前とほぼ同じ、のあと、起業して自営になってから現在までは、生活の基盤を自分で維持しなけれならなくなり、価値観は、経済報酬、安定、私的(プライベート充実)が主になり、最近は若い世代への支援という想いも強くなってきました。価値観は変わるものです。

大きな会社にいる時や、雇われ社長の時は、経済的な面は保証され、自分の時間はほぼ会社のために使い、行動、挑戦、評価を気にしながら上を目指していたのでしょう。しかし、環境の変化、私の場合はあるどうしようもない事情で会社を辞めざるを得なかった時から、会社、組織に対する信用、信頼は大きく変わりました。そこに全エネルギーをかけても、それに見合った報酬、見返りは得られないという悟りです。自分の道(リアルに言うと、自分の食い扶持)は自分で探し、自分の力で生きなければいけないという覚悟かもしれません。

けれどもまだ、サラリーマンとして良い処遇、待遇を受け、まだ上に行けるチャンスのあるうちは、全エネルギーと時間を会社にかける価値観は、十分にありだと思います。私的なプライベートなことは、会社を終わってからでも間に合います。チャレンジできるうちはチャレンジがいいと私は思います。もしそうでなくなった時に、違う価値観を見つけて行動を変えていけばよいのです。それで、全然OKです。簡単に言えば、環境にあった、自分にあった価値観をその都度、見つけていけば良いのです。頑なにひとつの価値観で生きることが美学の人以外は、それで良いのです。

それでは、チュース!!

260.自分の強みと「さあ、才能に目覚めよう」=ストレングス・ファインダー

きょうは15年くらい前にギャラップ社が作ったストレングス・ファインダーの紹介です。概要は、200万人のインタビュー調査から、人間には34の強みの特質があり、それを誰もが持っていてそれを活かした仕事に仕方、生き方をすれば良いというものです。その強みを知るには日本経済新聞社が出している「さあ、才能に目覚めよう」を新刊で購入、カバーの裏のパスワードをネットのその強み検索システムに入力、10~15分くらいの質問に答えると、自分の強みを強い方から5つ選択してくれます。

私は英国にいた時に、ある研修コンサルが会社に来て実施しました。「タイガーウッズ、ビルゲイツとあなたは何が違うのか」というなかなか、インパクトのあるセールストークでした。そのコンサルが言うには、一流は自分の強みを知りそこを徹底的に磨く、当時絶頂のタイガーは自分の最大の強みであるバンカーショットの練習に力を入れて完璧なものにした。だから勝ち続けるのだ、というロジックです。これは知っておいて損はないと思います。ぜひみなさん一度トライしてみてください。私は5年おきに3回実施しましたが、いずれも強みも順番も同じでした。人間はある程度年を取ると強みも変わらないのだなと思います。

ちなみに、私の強みは
1.活発性(Activity):「いつ始めようか?」動きたくてうずうずしている。
2.最上志向(Maximizer):優秀であること、やることは平均以上の最高を求める。
3.社交性(Woo):知らない人と会い、自分を好きにさせることが好き、見知らぬ人が好き。
4.コミュニケーション(Communication):説明、描写、進行役、人前で話す、書くことが好き。普通の話を物語にしてしまう。
5.学習欲(Lerner):学ぶことが好き、内容、結果よりプロセスが好き。
なんとなくですが、あたっているようにも思えます。できれば、この強みに沿った仕事ができれば良いのですが、なかなかそうもうまくいかないのが現実です。もっと若い時にこれを知っていたら、自分の人生、職業についてももっと考えたのにとも思います。

本の中には、その強みを活かした、仕事の選び方、生き方も書いてくれていますが、どうも抽象的、一般的なアドバイスで終わっていてもの足りません。また、5つの強みの組み合わせだと、どうなるのかというアドバイスはもちろんありません。私はギャラップ社に直接電話して、より深い分析、セミナー、アドバイスはないのかと聞きましたが、本に書いてある以上のものはないという返事でした。すごくいい人間の個性への切り口なのでより深いアドバンス版を期待しましたが、15年経っても出ませんからだめなんでしょう。

この分析をベースにした対話会はけっこう、おもしろいです。
1.最初に、各人に分析結果を名前を伏せて、壁に掲示し、誰かを当てるのです。人間観察の鋭い人は、ほとんど当ててしまします。そう言う人は、一見ぼんやりしている人が多いですが、人の個性を見切っています。
2.自分の分析結果について、自分の感想を言い、それについて周囲からはどのように見えているか、けっこう自分のことはわかっていないか、わかりたくないのか、そのギャップが面白いです。自分のことがより良く適確に知れます。

1600円+税の本ですから、興味にある人は是非お試しください。自分を良く知る機会としてけっこう役に立ちます。

それでは、チュース

157.危機感は無理でも自社の強みを研ぎ澄ませ

業績困難に陥った会社が復活していくきっかけは2つあると、私は思っています。

ひとつには会社全体に、このままではダメだという危機意識がマネジメント、管理職、一般に持てていることです。しかし危機意識は長い間は続きません。ある会社で部長研修をした時に、「あなたがたの会社には危機感が必要です。」と言ったところ、全員から「何を言っているのです。うちの会社は入社以来ずっと危機感の連続です。危機感は十分あります。」と反撃されました。この会社、歴史のある老舗企業で、昔購入した簿価の低い社有地をたくさん持っていたので、経営陣は毎年、それを切り売りしてやりくりしていました。また新規事業開発であたったものが複数あり将来有望なのですが、それをビジネスをする能力がその会社にはなく高額で他企業に売却して、その臨時収入がありました。その会社の欠点は世界初の開発ものは多いのですが、2番手、3番手にすぐ追いつかれて、ビジネスで儲けることができない体質になっていました。ですから、毎年決算数字はそれなりになるので、詳細を知らない、関心のない社員は、今までなんとかなったのだから、これからも大丈夫という根拠のない安心感を持っていました。もちろんその会社の社長は、元凶である「幹部社員、社員に儲ける意識が乏しい」ことにフォーカスした強烈な研修を行い、V字回復しました。危機感で会社が引っ張れるのは、せいぜい3年くらいです。それ以降は惰性になってしまいます。

ふたつ目は、自社の強みをどこまで強く意識してそれを研ぎ澄ましているかです。SWOT分析は誰でも理解、実践もしたことがあると思いますが、4つの象限の打ち手で一番需要なのは、強みSを機会(O)にぶつけることです。ここで勝負でき、勝てなくては会社は衰退していきます。勝ち残れません。しかし、この両方を鮮明に明確に把握できていない会社が本当に多いです。機会の未来予測は、様々な情報から入手できますし、自分で未来を変えて行くという力強い経営者もいます。未来が予測、ある程度把握できればどちらでもいいと思います。困ってしまうのは自社の強みのとらえ方が本当に甘いことです、というか強みになっていません。強みとして必ず出てくるのが、①社員が真面目で一生懸命、長時間働きます。②困難に会ってもあきらめずにやり抜きます。③いいお客さんがいます。この3つはどこでも出てきます。もちろんこれも大切な要因ですが、下支えになる部分でこれはたいていの会社にあります。強みは他社に比べて圧倒的に優位なことです。それは、端的に言えば、エッジの利いた技術や、際立った他の真似のできない強みです。でも長い間、ひとつの会社で同じ仲間と同じ顧客、同じような仕事をしていると、自分たちの強みをまったく見失ってしまうことが多いです。30年以上続いた会社には、他社が真似できないすごい技術を持っています。しかしこれをほとんどの会社の社員、幹部はバクっとしか捉えていません。平常時はそれでもいいですが、危機を迎えた時は危ういです。重機械の会社は、鉄を切って、曲げて、つなげるだけだといますが、その高度技術はたいへんなものです。あるバネ専門会社のその微細精工な技術は世界一ですが、それを説明するのはけっこうヘタです。良い例として富士フイルムが化粧品に出られたのは、ゼラチンという写真フィルムの乳剤を溶かす、保水性の物質に対する高度な知見、経験があったからです。みなさんも自社の強みを是非いまのうちに見直してください。

私は、最近、海外ナショナルスタッフ向けの仕事が増えています。海外駐在経験があり、英語が話せて、戦略の作成と実行も理解し、人に興味が、深く場が作れて、メンバーをコーディネートできる。ひとつひとつで、できる人はたくさんいますが、全部となるとあまりいません。合わせ技も強みになると思います。私はこの分野を特化しようかとも考えています。

1人のビジネスマンとしても、自分の強み(他者が真似のできない)を十分理解し、ブラッシュアップし続けることが、いざ危機に面した時、助けになります。会社が順風で追い風を受けている時は、まったく必要ありませんが、明日のことはわかりません。リストラは絶対にないと社員全員が固く信じている、信じたい会社はけっこう危ないです。

それでは、チュース

9.自分の強みを見つけておこう

会社の強みについて以前書きましたが、今度は自分の強みを見つけてブラッシュアップしておきましょう。私が会社に入った40年近く前は、会社に入れば会社の指示に従ってきちんと仕事をしていれば、若い時は給料が安くて残業が多くても年功序列で、定年までは働けると多くの人が思っていました。オイルショックもありましたが、日本経済は右肩上がりで、それなりの企業に勤めれば大丈夫、まさかリストラされるなんて思っても見なかった人が多かったです。しかし状況は一変しました。入社した会社で定年まで働けるなんて幻想であることは、今の若い人たちはよくわかっています。若い人たちのほうが、自分の強みを見つけてそこを生かして成長しようという意識は強くなっています。では、どうすればどうすれば自分の強みを見つけられるでしょうか。まず価値ある資格、特別なスキルを身につけることは一番確かでしょう。

それから個人の強みはとしては次のようなことからわかってます。

1.他人と比較して、早くできること、うまくできること、

2.自分が心のそこから好きなこと それをしている時は時間を忘れてしまうこと

3.周囲からほめられること

などです。

私が実際役に立ったのは、ギャラップ社の調査をもとに書かれた「さあ才能に目覚めよう」という本を購入して、Web診断ストレングス・ファインダーで自分の持つ5つの才能を見つけたことです。その才能は全部で34あると言われ、その中から自分の強みを客観的に診断されました、私は強い順に 1.活発性(行動性)2.最上志向 3.社交性 4.コミュニケーション 5.学習欲 でした。最初は英国の会社での研修で診断を行い、そのあと2~3年おきに計3回診断をしましたが、結果は4.5の順位が入れ替わっただけでトップ5の項目は変わりません。友人たちも同意してくれるので私もそんなところかなと思っています。3.社交性は もとの英語では WOO という言葉で、女性を口説くスキルであり、一緒に研修をした英国メンバーにその強みが出た人はなく、からかわれた記憶があります。興味のある方、是非一度トライされることをお勧めします。本の中にある個々の強みの活かし方についてのコメントも今後の自分の職業・仕事(会社ではなく)を選択する参考になります。

もうひとつは、私がプロのコーチからコーチングを受けた時、そのコーチからの課題で自分をよく知ってくれていて、好意的な人から、自分の強みを3つ書いてくださいとお願いしてください といわれ、そのリストを作ったことです。10人くらいに書いてもらいました。これは外から見える自分の強み発見に加えて、落ち込んだり、心折れそうな時に読むと元気がでてきます。私は今でも大切に保管しています。

私は 研修・ワークショップの講師、コンサルタントの仕事をしていますが、次の5本の柱を立てています。ビジネステーマの強みだと思っており、日々強化しています。

1.ビジョン・戦略の策定とその実行

2.活性化された職場、自分の力を発揮する人作り

3.思考プロセス、問題解決

4.本音が言える場作りのコーディネート

5.海外ビジネスマネジメント

この5本は、垂直に独立しているのではなく、横棒も入り複数が協力しあっているH構造です。みなさんも自分の個性としての強み、ビジネス上の強みを意識して強めていってください。いざという時、周囲のサポートも頼りになりますが、自分自身が強ければ難局も乗り越えていけます。

それでは チュース

7.会社の強みと世の中の流れを合わせる  

困っていない時は良いですが、主力のビジネスに元気がなくなったり、先行きが不安になった時、戦略やビジョンの再構築が必要になります。その時大切なことは、一番目は自社の強みがどこにあるかを明確に知ること、二番目はそれを活かせる機会がどこにあるかを見つけることです。強みを機会にぶつける仕掛けが戦略です。これはSWOT*分析の基本ですから知っている人は多いと思います。他にも3つ弱みと脅威の組み合わせもありますが、市場で勝つためには強みと機会に集中すれば良いです。しかし多くの会社は強みを明確には把握していないことが多く、将来の機会についても自分の見えている分野の1~2年後しか見えていません。セミナーやコンサルをした時に、強みは何ですかというと、ほとんどの場合、良いお客様がいます。社員に良い人材がいます。高い技術と品質があります。将来の機会については、ほぼ成り行きです。がほとんどです。強みと言うのは、他社に比較した時に明確に差別化できていることです。自社だけを見た評価とは違います。自分も強いけど他社も強いというのは強みではありません。他社との違いです。その違いは何故できているのか、さらに意識してその違いをどうすれば作りだし続けることができるかという思考と実行力が必要です。たとえばメーカーなら、コストが安い、納期が短い、顧客の好みをすぐに把握できてそれに対応した商品を提供できる開発力がある、試作品と量産品に差がない、良い顧客とは顧客のビジネスが伸びている、健全財務で支払いに問題がない とかです。将来の機会は、世の中の流れをどれだけ予測できるか、その流れの中に自分のビジネス立てることができるかです。強みがあっても、流れのないところでビジネスはできません。魚影のないところに網を張っても徒労に終わります。

日本の会社は自分たちの強みを生かしたいがために、現在、将来機会のないところに執着しすぎる傾向があります。たとえば素晴らしい橋梁技術を持った会社は新規の橋の建設の入札にしのぎを削りますが、本四架橋の時代はもうやってきません。これからは橋のメンテが中心になっていきます。新規には興味があってもメンテはどうも気が向かないということではビジネスは継続できません。会社は社員の自己満足のためにあるわけではないのです。成功例としては、少し前にお手伝いした会社で、ゴム加工の専業メーカーがありました。しかし普通のゴム加工では競合も多く、価格競争になるばかりです。そこでこの会社は、自社の加工技術を生かして、成長著しい医薬用ガラスビンのゴム栓メーカーのトップになり世界シェアNo1になりました。差別化のポイントはゴムがビンの中の薬品に影響を与えない特殊加工技術でした。ゴム栓は単なる小さな一部品ですが、その会社は海外に工場を持ち、海外提携先も多く、収益は驚くほどです。

それでは チュース

SWOT分析* 外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略作成手法