タグ別アーカイブ: 価値観

583.自分の強みは変わらないが、価値観は環境、経験で変わる

20年くらい前から、ストレングスファインダー、35の特徴の中から自分の強み5個をwebでリストアップを、3年~5年おきにしていますが、上位5個のうち4個は全く変わりません。行動力、最大化、社交性、コミュニケーション力、あとのひとつは変わります。つまり、年齢を重ねても自分の強みは変わらないようです。

先日、あるビジネス講演の中で価値観についての話がありました。自分と価値観が近い人とは相性が合うので仕事がしやすいが、合わない人とはベースになる価値観が違っていることが多いという流れでした。ある学者が15の価値観を3つに分類していました。

  • 個人的、内的価値観⇒社会性、美的創造、定常、行動、安定、自律、挑戦、研究、私的
  • 外的価値観⇒経済報酬、権力、評価
  • 内的、人・組織⇒支援、チームワーク、指導

講師の方の見解では、会社、組織のトップになるには、人・組織の価値観を持たなければ適性がないとのことでしたが、私の経験では、組織トップは経済報酬、権力、評価の価値観の人が多かったように思います。価値観、それは個人の好き嫌いですから、どれでも良いのですが、ふと思ったのは、自分の価値観も時代、年代とともに変わってきたことです。

20代、30代、40台のサラリーマン時代、組織で上を目指していた時は、行動(まずは動く)、権力(力を持たなければ大きなことはできない)、挑戦(新しいことへのチャレンジ)、評価(周囲からの)でした。しかし、会社生活を終え、雇われ社長→この時は価値観は前とほぼ同じ、のあと、起業して自営になってから現在までは、生活の基盤を自分で維持しなけれならなくなり、価値観は、経済報酬、安定、私的(プライベート充実)が主になり、最近は若い世代への支援という想いも強くなってきました。価値観は変わるものです。

大きな会社にいる時や、雇われ社長の時は、経済的な面は保証され、自分の時間はほぼ会社のために使い、行動、挑戦、評価を気にしながら上を目指していたのでしょう。しかし、環境の変化、私の場合はあるどうしようもない事情で会社を辞めざるを得なかった時から、会社、組織に対する信用、信頼は大きく変わりました。そこに全エネルギーをかけても、それに見合った報酬、見返りは得られないという悟りです。自分の道(リアルに言うと、自分の食い扶持)は自分で探し、自分の力で生きなければいけないという覚悟かもしれません。

けれどもまだ、サラリーマンとして良い処遇、待遇を受け、まだ上に行けるチャンスのあるうちは、全エネルギーと時間を会社にかける価値観は、十分にありだと思います。私的なプライベートなことは、会社を終わってからでも間に合います。チャレンジできるうちはチャレンジがいいと私は思います。もしそうでなくなった時に、違う価値観を見つけて行動を変えていけばよいのです。それで、全然OKです。簡単に言えば、環境にあった、自分にあった価値観をその都度、見つけていけば良いのです。頑なにひとつの価値観で生きることが美学の人以外は、それで良いのです。

それでは、チュース!!

344.ライフスタイルのベースになる価値観

企業の戦略を考える時には、その前に理念、ミッション、環境変化があり、その上でビジョンが描かれ、それから戦略、戦術の流れになってきます。これは個人でも同じではないかと思います。

個人の場合は、最初に(1)Value(価値観) ⇒ (2)Way of life(生き方)、⇒ (3)Life style、Life work(ライフスタイル、ライフワーク)の順に決まっていきます。どうしても形として目の見えるライフスタイルがフォーカスされますが、必ずその前に、価値観、生き方が個人として意識していなくても存在しています。

私の場合、(1)価値観は、①自由、②平等、③豊かさ、④平和です。人に強制されることは嫌です、精神的にも、物質的にも自由でありたいと思っています。フラットな社会、関係が好きで権力による支配は好みません。衣食足りて礼節を知るで、貧しさの中では余裕が生まれません。争い事は好みません。けんか好き、好戦的な人は遠ざけます。できるだけ言葉で、対話での解決を望み、暴力による解決は嫌いです。

(2)の生き方は、①好きな、気の合う人とつきあう、一緒に暮らす ②好きな環境、場所で、快適に楽しく暮らす ③好きな自分にあった、仕事、遊びをする ④質素でも豊かに精神的にも物質的にもクオリティの高い生活をする が基本です。

(3)の具体的なライフスタイル、ライフワークは (2)①は、友達は少なくていい、年を経るごとに友人は変わっていく、その距離感は変化していく。仕事上の知人はたくさん必要、できるだけ若い人とつきあう。(2)②は東京のモダンな刺激の多い便利な生活、山小屋での自然の中での暮らし、好きな国内、海外での異なる文化、習慣の中で時々暮らす。(2)③は仕事は海外ビジネス、企業経営から今は人財育成の仕事をして若い人を活かす、育てるコンサルタント、研修講師をする。サラリーマンより独立、自営に向いていると認識。遊びは、ゴルフ、スキ―、テニス、本を書く、国内旅行、海外旅行、日本酒、ワイン。(2)④はシンプル、スロー、ステディ、サイレントをモットーに、ある程度の資産とキャッシュフローを意識する。65才、70才までは稼ぐ能力を維持して行く。

自分のやってきたこと、やっていることを、価値観、生き方、ライフスタイルで整理するとこんな姿です。夢中で楽しく生きていればそんな整理は不要かもしれませんが、若い人が自分の将来のキャリア、生き方を考える時には有効かもしれません。その時、大事なことは自分の気持ちに正直になること、自分をinspireする好きなことは何かに素直になることです。世間体がいいから、格好いいから、親が、彼女、彼氏が喜ぶからは少し横においておきましょう。一番、最初の価値観の形成が一番大事です。これが安定してくるのは30才くらいだと思います。DNAもありますが、後天的な環境、それはどの地方に生まれたのか、親の職業、親の育て方、それまでに影響を受けた恩師、友人、読んだ本が影響してきます。みなさんも自分の価値観が何なのか、何を大切にしているのか、少し立ち止まって考えてみては如何ですか。

それでは、チュース!!

262.「終わった人を」を読んで

今、話題のベストセラー、内館牧子氏の「終わった人」を読みました。書評では、熟年、還暦を迎えた人たちに好評でしたが、30代~40代の若い人が読むべき本だと思います。内容はまだ、ヤル気満々で仕事への未練たっぷりなのに、本人の意思とは別に社会からお引き取りくださいと宣告されてしまった元エリートサラリーマンの悲哀のこもったコメディです。ハッピーエンドとはならず、もやもやっとした終わり方です。

あらすじは、岩手盛岡出身の秀才が東大法学部を出てメガバンクに就職、仕事オンリーのエリートコースをひた走り、その将来を嘱望されてお嬢様とも見合い結婚をして順風満帆のサラリーマン生活を送るなか、40代後半の役員一歩手前で派閥のうずに巻き込まれ、小さな子会社に突然左遷、そこでの奮闘努力は認められず本社に戻ることもなく、63才で専務で退職。毎日が日曜日になり、ジム&カルチャーセンターで暇つぶしをするが自分の不完全燃焼は満足させられず、ふと知り合った青年との縁で社会復帰がかない、小さい会社ながらも社長に就任、満足の日々を送っていたのだが、大きなこげつきを起こして会社は倒産、自身も多額の個人債務を背負い、130百万あった金融資産も15百万に激減、それが原因でお嬢様奥様とも不仲になる。妻は独立して自営をはじめ、これは離婚するしかない展開だったが卒婚という何とも消化不良の結末でジ・エンドになる。

教訓として良かったこと
・秀才、上昇志向が強く、会社の出世=自分・家族の幸せ、成功の価値観が、会社からの左遷であえなく崩壊、会社に頼りすぎの価値観は危険であることを教えている。会社の価値観も尊重するが、会社と離れた自己の価値観の重要性を訴求している。そうすれば、会社を離れた定年後もこわくない。
・さまざまな登場人物が己の価値観を持って、いきいきと自信とプライドを持って楽しく生きている。会社の評価だけが人生ではないことを教えている。
・「思い出と戦っても勝てない」は良い言葉、過去に生きてもしょうがいない。今を生きることの大切さを教えてくれている。

ちょっと違和感を感じたこと
・左遷されて子会社に15年もいたら、その間に自分が社会からそれほど必要とされていないことは自ずからわかり気持ちの整理がついてくるはず、定年63になって突然感情が高ぶることはない。覚悟はできているはず。
・今の時代は、能力、実力、ヤル気があれば、主人公のキャリアなら50代で2、3回は容易に転職できる。これだけ優秀と自他ともに認める人物が何もしないで、小さな会社にじっとしているはずがない。
・左遷されたといっても、メガバンクの子会社で車の送り迎えありの専務にもなっている。給与も十分でている。この環境、待遇で主人公が文句を言うのは甘い。世の中、家族を抱えてリストラされて困っている人がたくさんいる。東大、メガバンク出身の元エリートのエゴである。
・再就職して社長になった会社が、多額の不良債権を抱えて倒産、自身もどん底に落ちたと描かれているが、それでも年金500万は保証され、貯金1500万円はある。自宅も妻名義だが所有、妻は自営で生活はできている。扶養しなくてよい。これなら質素に生きるなら生活は十分にできる。ちょっと上の生活を見すぎている嫌味がある。作者も上澄みの人の生活しかみたことがないのだと思う。日本の世帯年収平均は、奥さんがパートしても400~450万円、その収入の中で、子育て、家のローンを払って生活しているのである。それが普通の人の生活である。
・主人公は中小企業の社長を引き受けるリスクを軽く見ていた。焦げ付きに対する感覚が鈍い。マネジメント手法、部下育成などはうまいが、肝心の金回りをうまくする能力には欠けている。実は中小企業はこれがいちばん重要である。社長は個人責任で会社の借金を引き受けなくてはならない。私の伯父も友人もこれで自分の家を売らなければならなかった。私も中小企業の社長を引き受けた時、その臭いを感じて早々に退散した。
・夫が破綻したあとの妻の身勝手さに寛大すぎる。金のなくなった、仕事のなくなった夫に妻は罵倒、夫はおとなしくしているだけ、妻が自分は被害者であることの主張に終始している。見合い結婚だからしょうがないかもしれないが、あてがはずれた夫に対する妻の態度は身勝手すぎる。しかし作者は女性からかもしれないが容認している。主人公はビジネスマンとしては甘いが人間として落ち度はなく、良い人である。この点の情状酌量をもっとしてほしい。

この本、ビジネス書としては冗長で無駄が多いと感じますが、サラリーマン小説としては、描写がリアルでユーモアがありおもしろいです。厚い本ですがすぐ読み終えてしまいます。サラリーマンとしてうまくいっている方、またそうでない方にもおすすめします。

それでは、チュース

36.価値観という言葉はいつ頃から使われだしたか。

価値観という言葉 最近は普通に聞きます。価値観は平たくいえば、個人やグループが大切にしているもの、大事にしているもので優先順位の高い考え方とか規範となっているものです。価値観という言葉は私が子供の頃はあまり聞きませんでした。私は団塊の世代より少し後の世代であり、戦後しばらくして食料事情は少し良くなってから生まれ育っていますので飢えは経験していません。でも世の中普通の暮らしは貧しく、小学校の制服のスクールコート、たしか当時600円くらいだったと思いますが、3回の分割払いもありました。加山雄三の若大将シリーズは憧れの上流階級に見えました。

その頃は大人が一生懸命働くことは当たり前で、子供はしっかり勉強して、良い学校に行っていい職業につくのが良いと多くの人が思っていました。家族が3世代一緒に住むことは普通で、祖父や祖母が威張っていることを不思議には思いませんでした。男も女も20代半ばから後半で結婚して子供を生むことに多くの人は疑問を感じない時代でした。ところで価値観という言葉はいつ位から出てきたのでしょうか。私の師匠であるK先生によりますと頻繁に出てくるようになったのは1980年代に入ってからとのことです。価値観がほぼひとつである時は価値観という言葉は使われないのでしょう。多様化の時代に入り、好みを選択できるようになってから価値観という言葉が出てきました。世界で見れば文化、宗教、体制の違いがあり争いごとが始まると注目される言葉です。欧米民主主義の世界では、sense of value という言葉は良く出てきますが、戒律の厳しいイスラム国家とか、近くにある社会主義国家では価値観という言葉は使われないでしょう。8年程前、韓国の会社の方と話をした時、韓国で儒教、家族主義が強く残っているのは、まだ家族で団結しないと生きていけないからであり、欧米が核家族でやっていけるのは経済的に豊かだからだと言っていました。日本は欧米に近くやはり豊かな国なのです。

昨今格差社会の問題が盛んに言われてきていますが、それでも半世紀前に比較すると日本は全体的には圧倒的に経済は豊かになり、各人がいろいろな選択をしても生きていける社会になりました。半世紀前は日本人が増えすぎて、食べさせることができないのでブラジルへの移民が国策としてあり、米を増産するために秋田県の八郎潟の干拓をしていました。半世紀経つと、日本では少子化が最大の問題になり、米は余って減反に補助金です。価値観の多様化により選択の自由があることは、人として最大に幸せなことです。生涯結婚しないという選択も尊重されるべきです。しかしながら昔の画一した価値観、常識を前提に将来を読めずに国策を進めると、長期レンジではかなり困ったことがおきてしまうことがわかります。価値観は時代によって大きく変わり、それによって世の中も変わります。会社、組織、人もそれに合わせないと生きていけません。でも変わることが楽しいと思えれば、大きなチャンスの連続でもあります。

それでは  チュース