タグ別アーカイブ: 人財

504.人財で会社が困っていること

ほんの一部のトップ企業を除いては、どの業種、どの規模の会社でも一番の悩みは人に関する事です。昭和の時代は、定期採用は苦労もなく新卒、若手、日本人、総合職なら男子で応募者が集まり、入ってからはその部門に教育は任せて徒弟制度のような親分子分関係や背中を見て仕事を覚えさせていけば、ほとんど中堅から大手の会社は人が辞めませんでした。その理由は、転職は我慢の足りない象徴であり、転職市場もさほど大きくなく、ほとんどの人は嫌なことがあっても我慢しながらその会社で上を目指しました。

しかし平成も最後を迎えるきょうこの頃は、その状況は一変しています。状況は次の通りです。①採用をかけても人が取れない。応募者が少ない。いい人がこない。②入社数年すると、退職者が急増する。3年経つと3割辞める会社も珍しくありません。厳しい業界なら5割辞めます。そして30才を前に転職者の最も売り手の年代でまた一団が辞めていきます。③社員の育成プラン、キャリアプランがないと国内、特に海外採用の幹部候補人材からは強いクレームがでます。

しかし今までそんなことを考えたはことないし、それがなくても会社はやっていけましたから、人事・総務の担当部門はあたふたしますが何もできません。ブラックだと知れわたっている会社でなくても、上記のことは普通に起きますが、何も対応していない会社は多く、退社理由を明確にしたり、育成はすぐに業績に影響はでないとして放置してしまいます。人材育成は、重要課題ですが、緊急課題(納期がある)ではないので、短期利益だけが目的の会社は後回しになります。人材育成はトップの問題です。現場は、OJTかトラブル対応が精一杯です。

この対応策ですが、①②は、会社の将来ビジョンを明確に示し若手が成長した時代にも元気に会社は存在し、若手の活躍の場があることをいきいきと示して上げることです。残念ながらほとんどの会社のビジョンは抽象レベルが高く、もやっとしていて、若い世代の人たちのわくわくさせるものではありません。もっとビビッドの心の響くビジョンが必要です。それから、先輩や上司に模範になる、憧れる人が欠如している会社も辞める人が多い理由です。それらの人が自分の反面教師になってしまっているのです。先輩たちも明るく元気に働いている姿を見せないといけないのです。③はこれからの会社には必須項目です。優秀な社員は自分自身の成長を一番に求めています。昭和の時代の常識は通用しません。平成が終わり、新年度から新しい年号の新人にとっての昭和は、我々昭和で働いたことのある年代には、明治のように映ります。昭和は遠くなりにけりの言葉は必然でやってきます。なんでそこまで社員のことを考えるの、俺達の時代はパワハラ当たり前の中で生き抜いてきた、不公平だと思う人がたくさんいるかもしれませんが、そういう時代だと割りきって認識を改めてください。

最初にほんの一部トップ企業は除くといいましたが、大手商社や、銀行でも同様なことが起き始めています。会社のブランド、給与だけでは優秀な人材を保持できなくなっているのが現実です。有名トップブランド企業も内部変革が必要な時代になりました。

それでは、チュース!!