タグ別アーカイブ: リーダーシップ

589.楽しく生きる人に、人は集まってくる

リーダシップ研修をしていて、リーダーとは、自然とこの人と一緒に目標に向かいたい、あの山を登りたいという、気持ちにさせる人で、そのためには、リーダーがその目標に行きたい、この仕事をやりたいという、熱烈な意思を持っていること、とレクチャーしています。確かにその通りですが、長いこと仕事をしていると思います、良いリーダーは、自分の人生を心から楽しんでいます。仕事だけでなく、自分の趣味も、家族も、友人関係も、社会貢献も自分に合った形で、時間を使います。自分のお金も使います。もちろんビジネスマンですから、仕事はできて成果を出せなくては話になりませんが、ひとつ抜けた経営者は、仕事だけでなく、あらゆる方面に興味を持って、活動して、新しいことを楽しんでします。修行ではなくです。そういう人は、近づくとプラスのオーラを発散しているので、みんなも楽しい気持ちになります。お金の使い方もうまいです。稼いだ金は社会還元しています。逆に、マイナス・負のオーラを出しまくって、権限はあるのに嫌われている人もけっこういます。たいてい、人の悪口、批判ばかりで、自分は不幸と言っています。全部他責です。お金はあるのにせこい、ケチなひとが多いです。そばにいて楽しくないのです。

ある競馬好きの人から聞いた話ですが、20~30前まで、日本の競馬馬は国際的に見ると強くなかったそうです。ある有名な調教師が本場、英国に留学したときに、そこのプロから、馬の調教を学ぶ前に、人生を楽しく生きろと言われたそうです。つらい人生を送っていると、馬にも厳しいだけで、つらくあたるから、馬も委縮して本来のポテンシャルが出せないという理論です。その調教師は日本に返って、自分をまず楽しくしてから、馬に接っしたところ、本来の力を出し切る馬が増えて、日本の競馬馬は強くなったそうです。ちょっと盛ってあるかもしれませんが、いい話です。別に馬ではなくて、若い日本人の潜在能力を十分に発揮させようと思ったら、まずその上司が、ハッピーに生きていなくてはなりません。日本の厳しいタテ社会では、夢物語に見えますが、そこに真実があるように思います。まず自分から、楽しく生きることです。私は実践しているつもりです。でも欧州の時は、それでいいと言われたのに、日本では、そねみ、やっかみが、残っていますから、あいつ楽してるという批判は覚悟しないといけません。

それでは、チュース!!

471.リーダーシップを分散する新たな「パルテノン型」組織モデル

今は、日本シリーズたけなわ、昨日は、ソフトバンクがサヨナラ勝ちして、ソフトバンクが王手をかけました。しかし行方は時の運でまだわかりません。ちょっと前のDIAMONDに「広島カープの組織論、なぜエースが抜けてもセリーグ3連覇できたのか」という興味深い記事が載っていました。FA(フリーエージェント)制度がはじまった1993年以来、1人の選手も広島は獲得していません。市民球団でお金がないのも理由ですがとにかく、自前の選手の育成でチーム強化を図ってきたのです。ちなみにもっとも多いのは読売の24人、さすがお金持ち球団です。2015年に前田健太、2016年に黒田博樹、が去っても「FA選手は獲得せずに育成する」戦略を取り、実行した結果なのです。なぜそれができたのかが「パルテノン型」組織モデルなのです。

組織には、3段階の発展モデルがあり、①人に依存せずに、ル―ル、マニュアルで統制、管理する方法、ビジネスモデルが安定していたらうまく機能します。リーダー不要です。 ②集団にはリーダーが必要で、その人が目標、向かう山を目指して、ビジョン、価値観を共有して、一人が周囲をひっぱっていく。多くの現在の企業はこの形であり、プロ野球なら、エースと4番がチームを引っ張る形です。監督が引っ張ることもあります。しかしこのやり方は。リーダーが変わると一からすべてやり直しです。元中日監督の落合さんは、まさにこのタイプだと思います。8年で4回優勝したのに、その後は低迷しています。そして次の③が広島カープのやり方で、昔は圧倒的なリーダー各4番の江藤、金本、新井選手など頼っていましたが、FAで次々にチームを離れ、1人の4番打者に頼らなくてもチーム力が維持できるようなチーム作りに方針を変えたのです。外部からのFA補強はないのですから、若手に出番が回ってきて育成された彼らが期待に応えるのです。若手もおれの番だと思ってヤル気になります。そこは巨人の若手のモチベーションとは異なるところです。

カープは内野守備の要の菊池、トップバッターで高出塁率と盗塁数の田中、外野守備の要で本塁打王の丸、今期4番の鈴木など、自分の役割、持ち味を理解した選手が自分の持ち場、持ち場でリーダーシップを発揮して、飛び抜けたリーダーはいないのです。このように1人のリーダーがチームを牽引するのではなく、組織内に複数のリーダーがいる、リーダーシップ分散のことをパルテノン型と呼びます。ギリシャのパルテノン神殿の複数の柱が全体を支えるイメージから来ています。この形が機能するのは、①全員が共通のミッションを認識、組織の目指す方向性と自分に強みが重なりやりがい、貢献意識が働く ②組織内の自分の役割が明確であり、任された範囲で決定権があり、周囲をリードする ③判断に必要な情報や戦略が共有されている。加えてこれを束ねる管理職、監督は、選手の育成、人事、他との調整などのマネジメントの役割を実行して行くのです。つまり、組織全体のミッション、ビジョン、価値観は共有され、不変なので、個人の力量にそれほど依存しなくて良いのだそうです。たしかに強いオーナーの顔色ひとつで方針が右往左往してしまうことは少ないのでしょう。もちろんオーナーはいますが、そこは市民球団の良さだと思います。

普通ならば、野村監督のように勝負は、エースと4番で決まる。落合さんの監督力量に頼る。巨人のようにFAの外部補強に頼るのが、野球の勝つ方程式でしたが、広島カープのやりかたは明らかに違います。ソフトバンクは巨人型ですが・・・。

野球に限らず、ビジネスの社会、会社でもパルテノン型がやってきそうな予感がします。強いリーダーは必要ですが、複数のリーダーが持ち場を守るというのもありだと思います。

それでは、チュース!!