タグ別アーカイブ: サイレントマジョリティー

575.真面目に一生懸命やっている人が馬鹿をみない社会

今は、世の中変革期です。社会の構造が変わろうとしています。今までのモデルが変わろうとしています。社会環境の変化による年功序列崩壊と能力主義、職場での男女平等、女性の社会進出、出産・子育て制度、年金制度の変更によるシニアの進出、外国人労働者の進出、メンタル疾患の人へケア、などなどです。それに対しての制度は様々にできつつあります。それは、素晴らしいことです。ただ、現行制度との緩やかな整合性が必須です。それらの新制度、システムは、新しい人たちの権利を認める方向に当然ながらなります。しかしながら、組織、会社の目的、目標、ノルマは変わらずに進めていくために、新しい権利を認めると、それによって起きる仕事、業務のしわ寄せが、それまで真面目にルールに従っておとなしくやってきた人にきてしまいます。たとえば、産休に入る人や、時短の方が出てきても、仕事量は変わらない。新人の退職者が多いので、新人には有給休暇を最大にとらせるが、元からいるひとはそのままである。シニアは工数としてはカウントされるが、意欲、能力が低く、パフォーマンスは低い。メンタルになった人の病気療養中の欠員は補充されない、などです。それから、どこの職場にもいる、最低限の仕事しかしない人、まわりに悪影響を与える人に、上司や周囲は必要以上に気をつかいすぎていて、真面目にやっている人はほっておかれることも良くあります。

真面目に一生懸命やっている人は、おとなしくて、従順で、文句や不平を言わず、もめ事を嫌う、良い日本人の典型の人が多いので、上からうまくやってくれと言われると、自分が犠牲になって会社、組織のために頑張ります。そのうち何かよいことがあるだろうという期待もあるのですが、実際には期待は応えられることはなく、そのはしごは外されます。いま、この人たちが増えています。

では、どうしたらよいか、日本の会社、組織は、我慢、忍耐が伝統的に美徳として残っています。その前提は、そうしていたら将来、報いてくれるという暗黙の信頼関係があったからです。しかし、それはなくなったと思ったほうがよいでしょう。自分がおかしいな、公平、公正でないな、無理なことをやらされているなと思ったら、すぐに声を冷静に、事実をもとに上げることです。少しの勇気と、言ったときに少し摩擦はおきますが、それをしないとストレスが溜まってあとになって爆発します。体、心にも負担が来て病気にもなります。

会社、組織はどうしても、問題が起きているところ、大きな声を上げているところに、関心も対応も行ってしまいます。小さな、人に関する問題は、マネジャーの力量としてしまう傾向もあります。しかし真面目に一生懸命、おとなしくやっている人たち(全体の8割はそうです)が幸せを感じるような。仕組み、風土を、マネジメントをしていかないとだめなのです。

それでは、チュース!!