カテゴリー別アーカイブ: 海外よもやま話

572.もうひとつのグアム

観光とレジャー、マリンスポーツ、ショッピングのグアムの知られている顔以外にに何かないかと探して、地球の歩き方117Pにあった繁華街から離れた島の南東部のタロフォフォ川のジャングル密林地帯ラッテ渓谷の半日リバークルーズに行って来ました。先住民チャモロ遺跡の復元村落を見るのと、その近くで1972年に27年一人で暮らして発見された、横居さんの暮らした環境に興味がありました。

バスでタモン地区から50分、島の中央部を超えて南に下ると、きれいな大西洋が見える湾につきます。そこから、のディズニージャングルクルーズみたいな船で、川を上っていくのですが、とにかく熱帯ですから暑いし、蒸します。虫、蚊がぶんぶんやってきて食われます。生の熱帯ジャングルが体感できたのは大きな収穫です。普通の文明人は絶対にここでは住めない。南国に来ても、涼しいきれいな環境の中でしか無理なのです。リゾートは作られた南国環境で実際の熱帯ジャングルはそんなものではないことよくわかりました。

これはツアー会社のパックですから、40人乗りの双胴船、レプリカのチャモロ集落、チャモロの衣装を着た若い男女たぶん高校か大学生のアルバイト、ヤシの実の繊維で火おこししてくれるコメディアンみたいな現地スタッフ、細長い葉っぱで、民芸品をその場で編んでプレゼントしてくれる老夫婦、船で日本語案内をしてくれるスタッフは仕事ですから、みんあ笑顔で対応してくれます。一人75ドルで、1日2回、私の時は、30人、そのうち8割は日本人ですから、1日60人として、1日50万円くらいの売り上げにはなるでしょう。年中無休ですから、月1500万になるいいビジネスかもしれません。しかし、そのためだけにスタッフと施設を維持するのはたいへんだなとビジネスを考えてしまいました。それから、日本人が多いのは、横井さんの発見されたジャングルが近いというにもあると思います。この地域は今でこそ、パイナップルやマンゴーのプラントがありますが、当時、横井さんの頃も、主食のタロイモ、自然のフルーツだけが食べ物です。ですから横井さんは、夜近隣の農家の鶏や野菜を盗んでいたようです。生きるためです。

戦後27年も、一人で熱帯ジャングルの自分で掘った穴の中で暮らせる精神力、生命力はすごすぎます。それから兵隊レベルでも、上官の命令は絶対として投降しなかった、当時の軍隊司式指示の過酷さは恐ろしくなります。現在、横井ケーブは私有地で見ることはできませんでしたが、その環境の厳しさ、すさまじさは、よくわかりました。あたりまえですが、他の外国人は、横井さんの英語の説明に全く興味を示していませんでした。

グアム島は、サイパン同様、悲惨な戦闘の歴史があります。最後の司令官が自害した場所もありましたが、そこは避けてしまいました。それから、グアムにいた日系人の話、日本軍駐留中は、国のためとして奴隷のようにこき使われ、米軍になってからは、収容所に入れられ、出てきても日系人ということで、差別され続けた暗い過去があるようです。その人たちにとっては、戦争は長く戦後も続いたようです。戦争は軍人以外、一般人にも大きな被害が出ること改めて感じました。

それでは、チュース!!

571.一人旅のススメ in Guam

前回のブログで、頭をフル回転してる人に一人旅のススメを書きました。では私もその実践として、南の島グアムの一人旅をしています。グアムは定番のリゾートで成田から3時間半、ハワイより近くて安い、東南アジアの他のリゾートに比べると日本人向けが多くて安心、などでしょうか、安いツアーなら3泊4日で4万円くらいからあります。国内より安いです。私には初めての地で、ちょっと心躍ります。

ここは北緯13度の熱帯、常夏の島です。私の目的はプールサイドで美しい景色を見ながら、ボーっとすることですから、その目的はすぐに達成できました。本当に凝った大脳が溶けていく感じです。私の泊まったホテルは昔一流だった熱海の観光ホテルのようなところで、建物に錆が目立ち、ところどころコンクリートにはげており、掃除も十分ではなかったのですが、プールとビーチと太陽は変わっていませんし、海に入ればシュノーケルカヌーで、ビギナーには十分楽しめます。現地ホテルスタッフの対応も良かったです。

海岸、プールサイドで回りを見渡すと、日本人が半分以上でしたが、カップル、ファミリーは少なくて、女性の友達同士の2~3人のアラサー、アラフォー、それ以上の人たちが多く、中級ホテルの部屋をシェアして安く海外旅行を楽しんでいる様子でした。女性ひとりも何人かみました。いっぽう韓国人は若いファミリー中心でした。そんな周りの分析、観察をしている自分が嫌になって、せっかくのぼーっとに戻りました。半日くらいは何もしなですぐにすぎます。

グアムには、年間60万人の日本人がくるそうですから、日本人相手の、ビジネスも盛況で古いビル、ツアー案内、看板は日本語が大きく出ていますが、新しい、ギャラリーやお店では、ハングルがメインになってきており、日本語がないところもあります。空港の免税店もロッテですし、今は、韓国の勢いが大きくなっているのを実感します。LCCの便は圧倒的に韓国が多く、韓国の若い人たちを引き寄せています。

この島は、軍隊と観光だけで、成り立っていますから、古い歴史、文化は少なく、先住民のチャモロ族、スペイン、アメリカの支配、それと太平洋戦争の戦い跡くらいです、一番の観光スポット、恋人岬も古い悲恋物語を、観光地に仕立てている感じがしました。それから、ショッピングモール群は各種充実しています。ホテルからのシャトルバスも出ていて、モールの中は9割が女性で、熱気にあふれています。私はそんなところには短時間しかいられませんが。

滞在したホテルに、日本の専門学校を卒業して、そのホテルで1年働く、若い21才の元気な女性がいました。いろいろな部門を回っていて、その時はレストランにいました。世界中のホテルで働きたいという夢をもって、実際にチャレンジしている姿は、日本の元気な若い女性の象徴みたいで、エネルギーをもらいました。

中高年のリゾート一人旅は、完全アウェイな感じですが、誰にも干渉されず、豊かな自然の中でぼんやりしているのは、かなりの贅沢です。私はけっこうはまりました。帰りの空港までの女性ドライバーは、東京はお金かかるけど、なんでもある素晴らしいところ、グアムはなんもない、そこがいいところと言っていました。でも、ゴルフ、マリンスポーツは充実していて、その目的がある人は、忙しい楽しい毎日だと思います。

それでは、チュース!!

上の3枚は、ホテルのプールサイド、下の左は、そこからの夕陽、下の右は断崖絶壁120m恋人岬からのフィリッピン海

565.ダナンとホイアン

仕事でベトナムで発展中のダナンに行ってきました。ちょっと合間を見て、ダナンとホイアンの街歩きをしてきましたので、きょうはその話、数年前にNHKの「世界ふれあい旅歩きで」放映されており、発展中でかなり整備されたダナンと美しい古都ホイアンのイメージもっていました。ホイアンはイメージに近かったですが、ダナンは違いました。

ダナンの街中はカオスです。車とオートバイの大群が占拠してます。信号、横断歩道がありますが、とりあえずあるみたいな感じで、信用したら危ないです。車の車線も全然守られておらず、車右で、左折車が3レーンの一番右にいても、かまわずに左折していきます。もちろんクラクションの嵐ですが、気にしません。街中クラクションでうるさいです。しかし車もオートバイのドライバーも何も気にしていません。ベトナム、ダナンでは日常の常識のようです。街中のマーケット、ハンマーケットに行ってみましたが、とにかく通路が狭くて歩けません。日常雑貨、食料品が、ドン・キホーテのディスプレイのx2くらいで積んであります。売り子の女性は、丸椅子にあぐらをかいて、隣の店の店員と大声で雑談しています。

フードコートのフォーも100円以内と安いですが、地元の人専用なので、衛生面で外国人は危ないです。生春巻きなどが、もってのほかです。必ずおなかを壊すかんじです。でもみんな元気で、客引きもぐいぐい来ます。強引な売り込みです。ゆっくりスマホで写真でも撮っていると、撮影料取られそうな雰囲気です。海外慣れしている私ですが、久しぶりに緊張しました。バンコク、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタよりはるかにカオスです。しかしダナンの人は、元気で明るく、ストレスフリーで楽しそうに生きているのは確かです。日本人から見たらカオスですが、彼らから見たら快適な日常です。

ホイアンは、15世紀くらいから、中国とアラブ、欧州の中継貿易街で栄え、一時は日本人も1000人以上いて、日本人橋というのもあります。歴史を感じる古い町で、安心安全できれいな街並み、お店、レストランも充実しています。川辺にボートを浮かべた観光、それと夜はランタンをいっせいにつけて、きれいな夜景風景に変わります。行ったら必見です。たくさんの観光客がいますから、当然、スリや、かっぱらいも横行、客の引き込みも普通なので注意は必要です。ちょっと驚いたのは、婦人服のカラフルでカットも良い、オーダーメイドのいいセンスのお店が多いことです。

ベトナムの物価は、日本の1/3から1/4くらいでしょうか。勤勉な国民性を期待するのは無理ですが、素直で穏やか、誠実な人たちだとガイドブックには書いてありました。日本のサービス精神にはほど遠いですが、悪くてだますような人たちではない気がしました。

街中、空港での観光客外国人比率は、中国人4、韓国人4、日本人1、西洋人1、くらいでしょうか。街中のショッピングモール、空港の免税店も韓国系のロッテでした。夜10、11時、12時のダナン発のフライトの数比較も、韓国5、中国3、日本1、欧米1くらいでした。韓国の影響力は大きく、お店でもハングル、中国の案内はありましたが、日本語表示は少なかったです。久しぶりに東南アジアのエネルギー、パワーを感じました。日本、日本人は違う戦い方をしないと勝てないと実感しました。

それではチュース!!

最初の2枚がダナンのマーケット、あとはホイアン街中

560.ロンドンでの旧友との再会 その2

毎年、欧州で昔の仲間たちと会って話すことが、私の大きな楽しみのひとつです。今回は、デルフトでオランダ人で会い、その2でロンドンでまた旧友たちと会いました。私が駐在時代の同僚で、いまその会社をMBOした社長のAndyと技術役員Bob、それから私がロンドンに来ることを伝えたら、わざわざマドリッドから来てくれた親友、ルイスです。今から20年くらい前に、厳しい仕事をした仲間たちで、本音でやりあえた戦友です。今は、AndyはMBOした会社が新たに医療分野に進出して、今年は最高益をあげているそうです。スペインのルイスはそのままグラフィック業界で、規模は縮小しながら社長として、スペイン全土を走り回っています。売上規模は30憶前後と小粒ですが、とにかく、みんな元気で明るくやっています。

昔の話を、最初少しはしましたが、すぐに今の自分のビジネスの状況、欧州、英国の経済、英国のEU離脱の影響、そしてプライベートの家族、趣味の話、とにかく人生何があっても、生きることを楽しんでいる姿がよくわかり、じめじめしたところが全くなく、話していて、こちらも影響されて明るくなってきます。話は終わることがないです。楽しい時間です。みんな、中の上のクラスのインテリ層で、お金持ちではないけれど、実にうまくお金を自分のために使っています。無駄使いはしませんし、つきあいでお金は使いませんが、節約、倹約の考えはないです。欧州ではあたりまえですが、夏休み最低は2週間バカンスに行きます。マネジメントから一般までそれは同等の権利なのです。

サラリーマン時代のつきあいで、私は会社も離れているのに、以前と同じようにフラットにつきあってもらえるのはうれしいことです。心配だった英語も、話しているうちに英語の意識はなくなり、また少し自信がもどりました。会った人間は、経営者ということもありますが、みんないきいき元気で、やらされ感、あきらめ感は無縁でした。今度はマドリッドでやろうということになり、私はいくつもりで来年はフラメンコを見てこようと思っています。自分から楽しみ、刺激を求めていくことは大事です。待っているだけでは引きこもりになります。生きているうちにお金は有効に使いましょう。

それでは、チュース!!

写真左からBob Andy 、 真ん中がルイス、右はイングランド最古のバーといわれるところ。

 

559.トンゲレン ベルギーNo1のアンティークマーケット

ロンドンにいた時から、日曜日はグリニッジのアンティークマーケットに行くのが好きでした。今回のベルギー滞在で、ベルギーNo1の骨董市に魅せられ、2度も行ってきました。場所は、ブラッセルから東へ高速道路で100kmのトンゲレンという町、ローマ時代に作られたベルギーで最古の町ですが、今、ここはベルギー、オランダ、ドイツからの骨董好きのメッカになっています。しかし、地球の歩き方にはまだ載っていないので、地元在住の日本人をたまに見るだけで、観光客は日本人も、どこにでもいる中国人もまだ来ていません。

骨董市の町になったのは古い話ではなく、1976年43年前に、トンゲレンの町の有志が町起こし運動で開いたのがきっかけ、今では毎日曜日朝7時から昼まで、ショップで40軒、移動スタンド350軒が出店する大マーケットになり、近隣、遠方からの人でごった返しています。アンティークですから家にある古いものは何でもあります。食器、グラス、台所用品、ランプ、金具、看板、家具、花瓶、ロウソク立て、コーヒーミル、人形、絵画・・・。古い家が解体されるとき、内装品を丸ごと買ってきた感じです。

品質はピンキリですが、大きな町のマーケットより品数豊富、値段も半分くらいで、骨董好きの方は、欧州に行ったら是非、訪問先候補にあげてください。行く価値は十分あります。欧州人の家のかけるお金は、内装品も含めて家計費のかなりを占めます。寒い冬は、家の中の骨董品を見ながら楽しむのが大好きな人たちです。

今回の私の購入品が、上段の左から2枚の写真、ランプは、卓上の長いほや付きのが20ユーロ、炭鉱のランプ、左が30ユーロ、右が50ユーロ(火が付きます)、ほうろうポット15ユーロ、ろうそく台が10ユーロ、単眼鏡が25ユーロ、人形が15~25ユーロ、拡大鏡(これは新品)が80ユーロ、鍋敷き5ユーロ、小さなグラスセット10個で12ユーロです。かなり安いです。中段真ん中の骨董品屋のご主人、この人の風貌、雰囲気、が一番骨董品にふさわしい風格がありました。

それでは、チュース!!

 

556.コッツウォルズ、羊小屋の丘はスローライフ

ロンドンから北西に車で、1時間半~2時間、オックスフォードの北側、南北70km、東西30kmくらいの大きさで。のんびりと緩やかな高度300mくらいの丘陵地が続く村々です。ロンドン駐在時代に日本から、友人、家族、お客さんがくると日帰りできる定番な観光地で、よく行きました18世紀のイギリス産業革命の頃、石炭がでないということで鉄道路線からはずれたおかげで、昔ながらのライムストーンの家が村、集落単位で残りました。主産業は名前の通り、羊毛製品でここから当時はベルギーのアントワープに送っていました。

有名な村が10個以上あるのですが、その中でも好きな村、チッピングカムデン、バーフォード、バイブリー、ウインチコム、スノウ・オン・ザ・ウォルドの村歩きをしてきました。実は村と村の間にある集落の5~6戸の家と雰囲気が最高によいのですが、不動産屋の物件案内を見ると、1軒屋の3LDKで7~8千万円とかなり高価です。これでは、ロンドン在住のかなりの富裕層でないと買えないでしょう。きっとセカンドハウスか、定年後のスローライフに購入なのでしょう。地元も人では買えない値段だと思います

20世紀になって、すっかり観光地になり、有名になった結果ですが、その情報のおかげで私も訪問しているので文句は言えません。一番好きなバイブリーは、全く雰囲気は変わっていませんでした。観光客を避けて夕方6時くらいにいったのですが、貸し切りバンでやって来ている中国人に占拠されていました。中国人占拠、これはいまや、ヨーロッパの主要観光地はお決まりでこれも仕方ありません。ちなみにイギリス人観光客はいませんでした。一番北にあるウインチコムは静かな街で、品数豊富で品質が良く、安い値段のアンティークがたくさんあって楽しめました。チッピングカムデンの半値以下でした。骨董屋の主人が、What made you come? なんで来たんだと聞いてきました。普通の観光客は来ていないようです。

ここでの移動は車に限られるため、観光バスで行くか、レンタカーを借りないと、ロンドンからの電車では、1~2ヶ所しか回れません。とにかく、気分がゆったりします。

それでは、チュース!!

上段右から バイブリー、スノウ・オン・ザ・ウォルド、ウインチコム骨董屋

下段右から ウインチコム家の裏は丘陵、コッツウォルズの典型的丘陵、バーフォード

 

552.LGBTは、欧州ではあたりまえになっている

日本ではダイバーシティと言えば、まだ女性活用、外国人、シニア、ハンディキャップの人などです。LGBTとは、L:レスビアン、G:ゲイ、B:バイセクシャル、両方、T:トランスジェンダー、性転換者、ことです。日本では、この人たちが権利主張を叫び、メディアなどが取り上げ、賛否両論のコメントがワイドショーで討論されています。これは、逆に言えば、まだその人たちが少ないということです。先日、アントワープの小粋なバーでの出来事、後ろのカップルはレズで抱き合ってキスしている。斜め後ろは、トランスジェンダーのカップル、斜め前はレズ、ストレートの普通の男女はきれいなカップルでしたが、横の1組だけでした。このバー、ごくごく普通のバーです。特別なバーではありません。LGBTは、社会に普通に認められている存在で、隠すとか、恥ずかしがる雰囲気はありません。オープンですし周囲も普通です。

昔からそれはありました。ドイツ時代一緒に働いた相棒はゲイでした。子供がいないので、週末でもよく仕事をしてくれました。しかしその頃はまだ私に隠していました。カミングアウトしたのは数年前です。UKの友人が、ニューヨークに行っていた息子が、結婚して戻ってきたら相手は男だったと、驚く様子もなく普通に話していて、それを聞いていたほかの友人たちも、ふむふむ、だけで何の反応も示さなかったので、まだそれほどLGBTに慣れていない私は、そのほうに驚いでしまいました。

日本でも昔から、男色はありましたし、東南アジアでも多くありますが、まだ何か普通ではない、隠れた印象があります。しかし世の中は、欧州発でどんどん進化、変化していっています。これは、良い悪いという話ではありません。変わっていっているという事実です。日本で女性活用が言われて、実際に定着するまで20~30年かかりました。いまは男女間の差はかなりなくなりました。しかしLGBTとなると、まだまだ偏見は多いと思います。私は進んで考えは取り入れるほうですが、まだ若干の抵抗があり、ノーマルがいいと思っている自分がいます。古い人間なので。

しかし、これから5~10年すれば、日本でもLGBTはかなり普通になってきていると思います。もちろん、外国人、女性、ハンディキャップの人たち、シニアももっと増えます。今までは珍しかったハーフ(これは適切な表現ではないですが)は、これだけ人々の移動が容易に、手軽になれば、全く普通です。そうなると、今まで組織、会社が前提としていた、日本人中心の人種、文化、ルール、行動規範は通用しなくなってきます。働き方改革などと言わなくても、働き方はいろいろな人材構成によってどんどん変わっていきます。それができないと、組織、会社が滅びていくでしょう。自然、歴史の流れです。

それでは、チュース!!