396.小手先の対応では通用しない

コロナ自粛は1ヶ月くらい延長になり、自粛疲れと経済の停滞で、日本は危機に直面しています。非常事態解禁と経済再開をどのタイミングでどのステップでしていくか、テレビで評論家が結論のない無責任な放言を繰り返していますが、実際にこれを決断してその戦略を実行させていく政治、行政の責任者、医療現場、実行部隊は本当にたいへんで、どれを選択しても当面は非難されますから、たいへんな仕事です。歴史に名前が残る仕事でやりがいはあるでしょうが。

先日、軽井沢にホテルを持ちホテル再生を次々行い、日本のリゾートビジネスのリーダーの星野リゾート代表の星野さんが、地元信州のテレビに出てきてコロナ危機の現状と今後の方策を話していました。これが2月のものと3月では、言っている内容が激変していました。2月中旬の頃は、この騒動は4月末には終息する。5月連休に向けてしっかり準備していかなくてはいけない。この2月のデータを分析すると、都会はダメだが地方のリゾートはテレワークの影響で地方勤務の主人はホテルで仕事、家族はリゾート施設を楽しむ利用が目立っている。その家族を対象にマーケティングを今すればいいと言っていました。あくまでこのコロナ騒動は一時的という2月の認識でした。

しかし3月中旬は、コロナの終息は1年半から2年先である。コロナが怖ければ客は絶対にリゾートには来ない。その期間仕事は4割に減る、ワークシェアリングを行って減った宴会担当者は他の仕事もする。給料は下がるが雇用は守ると宣言、観光業の未来は明るくその時に必要な優秀な人材はなにがなんでもキープすると明言していました。しかし2年後、旅行する人の価値観は全く変わる。そこを考え予測して的確な戦略を作り、実行しなければならない。まず安心、安全が最優先になるのは間違いない。さすが、名リーダーと思います。危機が来るとすぐに社員、従業員のリストラ、解雇だけで、無策でマネジメントだけが生き残る会社とは違います。しかし多くの大企業の役員はオーナーではなく、限定された4年~6年間生き残れば良いと考えるのが普通の人ですから、自然です。

今、企業で一番大事なことは、コロナ後の社会の価値観、人間の欲求の変化、優先順位の予測です。コロナ前と同じことをやっていては、置き去りにされるでしょう。今回の自粛で不要不急という言葉が一般化しました。テレワークは昔は無理とされていました。しかしテレワークをしてみて、無駄な仕事、会議、レポートの多さに気付いたと思います。あんなに無理して通勤する必要があるのか、会社が終われば当たりまえのように居酒屋にいかなくてはいけいのか。いろいろ疑問が湧いてきます。変えてもいいのじゃないかと思う人が日本中に増えました。そこにもビジネスチャンスはあるはずです。忙しい、やることいっぱいありすぎてと、今まで何も考えないできた多くの人たちも、これだけ暇なGWはこれからないと思います。人間、仕事、環境、自然、家族、人生をじっくり考えなおすいい機会だと思います。

それでは、チュース!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中