583.自分の強みは変わらないが、価値観は環境、経験で変わる

20年くらい前から、ストレングスファインダー、35の特徴の中から自分の強み5個をwebでリストアップを、3年~5年おきにしていますが、上位5個のうち4個は全く変わりません。行動力、最大化、社交性、コミュニケーション力、あとのひとつは変わります。つまり、年齢を重ねても自分の強みは変わらないようです。

先日、あるビジネス講演の中で価値観についての話がありました。自分と価値観が近い人とは相性が合うので仕事がしやすいが、合わない人とはベースになる価値観が違っていることが多いという流れでした。ある学者が15の価値観を3つに分類していました。

  • 個人的、内的価値観⇒社会性、美的創造、定常、行動、安定、自律、挑戦、研究、私的
  • 外的価値観⇒経済報酬、権力、評価
  • 内的、人・組織⇒支援、チームワーク、指導

講師の方の見解では、会社、組織のトップになるには、人・組織の価値観を持たなければ適性がないとのことでしたが、私の経験では、組織トップは経済報酬、権力、評価の価値観の人が多かったように思います。価値観、それは個人の好き嫌いですから、どれでも良いのですが、ふと思ったのは、自分の価値観も時代、年代とともに変わってきたことです。

20代、30代、40台のサラリーマン時代、組織で上を目指していた時は、行動(まずは動く)、権力(力を持たなければ大きなことはできない)、挑戦(新しいことへのチャレンジ)、評価(周囲からの)でした。しかし、会社生活を終え、雇われ社長→この時は価値観は前とほぼ同じ、のあと、起業して自営になってから現在までは、生活の基盤を自分で維持しなけれならなくなり、価値観は、経済報酬、安定、私的(プライベート充実)が主になり、最近は若い世代への支援という想いも強くなってきました。価値観は変わるものです。

大きな会社にいる時や、雇われ社長の時は、経済的な面は保証され、自分の時間はほぼ会社のために使い、行動、挑戦、評価を気にしながら上を目指していたのでしょう。しかし、環境の変化、私の場合はあるどうしようもない事情で会社を辞めざるを得なかった時から、会社、組織に対する信用、信頼は大きく変わりました。そこに全エネルギーをかけても、それに見合った報酬、見返りは得られないという悟りです。自分の道(リアルに言うと、自分の食い扶持)は自分で探し、自分の力で生きなければいけないという覚悟かもしれません。

けれどもまだ、サラリーマンとして良い処遇、待遇を受け、まだ上に行けるチャンスのあるうちは、全エネルギーと時間を会社にかける価値観は、十分にありだと思います。私的なプライベートなことは、会社を終わってからでも間に合います。チャレンジできるうちはチャレンジがいいと私は思います。もしそうでなくなった時に、違う価値観を見つけて行動を変えていけばよいのです。それで、全然OKです。簡単に言えば、環境にあった、自分にあった価値観をその都度、見つけていけば良いのです。頑なにひとつの価値観で生きることが美学の人以外は、それで良いのです。

それでは、チュース!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中