582.管理職(マネジャー)の仕事は、人・部下をその気にさせること

No580で、モチベーションはまずは本人の仕事と言いました。が、マネジメント研修をしていると、マネジャーは自分で仕事をせずに部下に仕事をさせることと定義します。その内容は、①会社、部門の方針から自職場分予算、課題を作ること、②自部門の現状から改善課題を作ること、③その予算の遂行を、部下と一緒になんとしてもやりとげること、③部下の指導、育成、⑤職場環境の整備、活き活き働きやすい職場を作る、とたいていのマネジメント教則本には書いてあります。つまり、課題を作って、その実行をやりきらせることです。その中には、いかに周囲や部下をその気にさせるかは、書いてないか、あっさりとモチベーションが必要で終わっています。

このヤル気にさせる役割は、予算を達成するのが仕事のマネジャーより、組織でこの人となら一緒に仕事をしていきたいという気にさせる、リーダシップの範疇かもしれません。しかし管理職にはその両方の役割がうまく機能しなければ成果は上がらないし、部下も仕事を通して成長しません。昇給、ポジション以外でヤル気になるのは、権限移譲=任せる、仕事の背景・目的を対話で納得させる、良いフィードバックを行う、自分の言葉で部下に話をするなど、研修時に参加者に質問すると経験からの答えが返ってきます。いい答えです。しかし一時的な指導的ヤル気アップです。

今、私がいま結論として思うのは、やる気に継続的になるのは、仕事が本当に面白くなることだと思います。一般の会社の仕事は、始めから好きでその仕事をしているわけではありません。歌手やスポーツ選手のように好きなことが仕事になっているわけではないのです。最初は仕事として与えられ、上昇志向のか強い上澄みの人なら、そこで成果を出して出世するというのがモチベーションですが、多くの人はただ言われた仕事を、さばく、こなすがスタートです。面白くなるのかどうかは、やっているうちです。そのサポートができる管理職は一流です。まず大事なことは、本人の特徴、意向と仕事の相性が合っているかです。仕事は本人の気持ちなど関係ないが、今までの会社では普通でしたが、やはり相性の見極めが一番です。そして仕事を最初はティーチングです、やってみせ、ポイントを教えて、やらせる、できるまでその繰り返しです。わからなかった、うまくできなかったら自由に、遠慮なく聞ける雰囲気も大事です。自分だけで考えてできなくてつぶれる人も多いです。

そしてできるようになったら、褒めてあげることです。日本人は怒ることはできても、褒めることは一般的に苦手です。そして、自分からもっといいやり方のアイデアを出させ、自ら実践させていきます。そして外から見える結果を出させましょう。いわゆる成功体験です。数字でもいいですし、外部からの賞賛もうれしいものです。その小さな成功を繰り返していくうちに、自分で面白いと感じ、創意工夫が実践、結果のサイクルに変わっていけば、部下は自然と自立、自走していきます。その部下も、また自分の部下に同じことを行い、組織は強くなっていきます。管理職の大事な仕事は、部下に仕事を面白いと思わせるサポートだと最近思います。

それでは、チュース!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中